Home » カードローンとクレジットカードのキャンシング枠の違いとは?

カードローンとクレジットカードのキャンシング枠の違いとは?

カードローンもクレジットカードのキャッシング枠も、今では似たような意味合いで使われていることが多いようです。しかし、もともとの意味からすると、両者には違いがありますし、それは両者が似たようなものとなってしまった今でも多少なりとも残っています。
まず明らかに違う点としては、カードローンはそれ専用のカードが発行されます。もちろんそのために新たな審査を受けることが必要であり、信用情報の確認や収入の確認も行われます。このように、カードローンとは特にお金を借りたい、借りることをメインとしたものということができ、限度額も比較的高額です。数十万円から場合によっては数百万円に設定されていることも珍しくありません。金利についても限度額に応じて低くなっています。
これに対してクレジットカードのキャッシング枠は、それがメインではありません。あくまでもメインはショッピング枠であり、それに付随するものとして若干のキャッシング枠をつけているに過ぎないという点があります。審査に関してはもちろん不要なわけではありませんが、クレジットカードを発行する際に既に行われてしまっているという点では違いがあります。
ショッピング枠に付随するものですから、限度額も低めに設定されており、せいぜい10万円から30万円程度であることが多いでしょう。緊急時にちょっと借りる、というためのもので、相当額の出費の際にはちょっと心許ない金額になっていることが多いです。

カードローンでおすすめの1枚はコレ!厳選比較ランキングはこちら

Name of author

Name: Griffis